FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
脳卒中患者の歩行では歩行速度の減少の他、
耐久性の低下や安定性の欠如などがある。
耐久性の低下においては
非対称的な歩行様式1,2)と
歩行のエネルギーコスト増大3,4)の影響が考えられている。
また安定性の欠如においては
筋力の低下や筋の硬さ(stiffness)の増加。
過剰な同時収縮5-7)が影響として考えられる。

歩行能力そのものにアプローチする歩行訓練とともに、
その影響に関わるさまざまな要素に対する
アプローチも併用することで
より効率的な改善を促すことができるのではなかろうか。

1)Brandstater ME,et al:Hemiplegic gait :analysis of
 temporal variables.Arch Phys Med Rehabil 64:
 583-587,1983
2)Wall JC,et al:Gait asynmetries in residual hemiplegia.
 Arch Phys Med Rehabil 67:550-553,1986
3)Band G:Energy expenditure of hemiplegic
 subjects during walking:Arch Phys Med Rehabil 44:
 368-370,1963
4)Detrembleur C,et al:Energy cost,mechanical work,
 and efficiency of hemiparetic walking.
 Gait Posture 18:47-55,2003
5)Nedeau S,et al:Plantarflexor weakness as a
 limiting factor of gait speed in stroke subjects
 and the compensating role of hip flexors.Clin  
 Biomech(Bristol,Avon)14:125-135,1999
6)Lamontagne A,et al:Contribution of passive
 stiffness to ankle plantar flexor moment during gait
 after stroke.Arch Phys Med Rehabil 81:351-358,2000
7)Lamontagne A,et al:Mechanisms of disturbed
 motor control in ankle weakness during gait after
 stroke.Gait Posture 15:244-255,2002
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。