FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
歩行能力の評価方法は
時間・距離分析、運動力学分析、
運動学分析などがある。

時間距離分析は
 ・歩行速度
 ・ストライド
 ・ステップ
 ・ケイデンス

運動力学分析は
 ・床反力
 ・重心
 ・足底圧

運動学的分析
 ・時間角度変化
 ・加速度変化   と分類できる1-3)。

歩行能力の評価として簡便なものとしては
歩行速度と歩行持久力である。
またエネルギー消費の観点では
酸素消費量と心拍数を評価することができる3)。

1)加藤 浩,他:障害のなかでの歩行分析.PTジャーナル34:
 201-210,2000
2)土屋和夫(監):臨床歩行分析入門,医歯薬出版,1989
3)今田元,他:脳卒中片麻痺患者の歩行機能治療の効果判定:
 運動力学・運動生理学的・生体力学的解説の観点より.
 理学療法15:511-515,1998
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。