FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前頭葉は意欲や意思決定、
行動に対する抑制といった、
人間が人間らしく生きるための機能が詰まってる。
猿と人間の違いもここになる。
では前頭葉の働きがどのようなものであろうか。

前頭葉の障害では意欲低下、
判断力低下(机上の知識は保たれるが実生活の判断力低下)、
暴力・反社会的行動(この症状はある場合とない場合がある)が生じる。

前頭葉は部位によって機能が分けられるが
 眼窩前頭皮質(OFC:Orbirofrontal Cortex)
  情的ー感情に関わり情動に影響を及ぼす。

 背外側前頭前皮質(DLPFC:Dorsalateral Prefrontal Cortex)
  認知処理過程に関わり計画を立てるなどの機能に影響を及ぼす。

 内側前頭前皮質(MPFC:Medial Prefrontal Cortex)
  自動活性化に関わり自発的な行動に影響を及ぼす。

これらが総合的に働くことで目標に向けられた行動を起こす。
 OFC → DLPFC→ MPFC
 情動  計画  自発的行動

これらが障害されると
やる気が出ず計画性がなく自分で動こうとしない。
アパシーといわれる独特の症状が出現する。
うつの症状に似ているのだがうつは将来の不安があり、
落ち込みとともに意欲が減少する。
アパシーは将来に対して無関心で
落ち込みなく行動が低下するのが特徴である。

またもう一つ特徴的な症状として暴力・反社会的行動がある。
他者への攻撃としては2種類あり
直接暴力を加える道具的攻撃ーあらかじめ準備(proactive)と
敵対的攻撃ー反応的(reactive)なものとに分かれる。

道具的攻撃ーあらかじめ準備(proactive)
 道具に当たるような攻撃では
 脳ではあらかじめ準備が行われており反応的ではない。
 それに対し直接暴力を加える反応的なものは
 特に準備はなく無計画で行われる。
 これには情動に関わる眼窩前頭皮質の影響が示唆される。

敵対的攻撃ー反応的(reactive)
 敵対的攻撃では眼窩前頭皮質の働きで
 内側視床下部や背側中脳水道周囲灰白質に
 命令が生じ怒りが生じる。
 これは期待された行動が生じない時や
 相手が怒りを生じていると感じているとき
 (陰性感情の読み取り困難)に生じる。
 とくに陰性感情の読み取りが困難な場合が多く、
 相手がネガティブな感情を抱いていないのにかかわらず
 それをネガティブに受け止めてしまう(陰性感情の読み取りエラー)。
 また何よりも相手を傷つけてはいけないという
 倫理・道徳的な知識は重要でそれが
 経験の上で刷り込まれていくかどうかも大きいと言える。

人間らしさに影響を与える前頭葉。
その働きにより人間は多くのものを作り出し、
文化を守ってきた。
人が自己中心的な行動のみに走らずに
人との協調をとりながら社会を
形成したのもこの前頭葉の働きは大きい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。